ボーレザンプロジェクトのイベントやブレスの最新情報

< Return

語学と食のコラボ!!レシピからフランス語を学ぼう!!最終回

2010/06/01(火)


今日は「語学と食のコラボ!!レシピからフランス語を学ぼう!!」の最終回でした。

最終日の今日は試食パーティー。

講師の方は、早くから来られて生徒の皆さんのために、テーブルセッティングから心をこめて準備をしてくださいました。毎回そうですが、テーブルのお花もすべて準備してきてくださるんですよ。

テーブルセッティング.jpg

 講座の一環である試食会といえども、決して手を抜かないのがさすがです

 

まずは、前菜(entree)。サラダ菜、セロリ、オニオンのサラダに、サンネクテールチーズのパイ。

チーズの味を楽しんでもらうために、味付けはシンプルにしてあるそうです。

サラダ.jpg

メイン料理(plat) は先日学んだPouteille プテイユというオーベルニュ地方の黒毛和牛のほほ肉と豚足を赤ワインで

長時間煮込んだ料理です。

今日は「お客様」の生徒さん達も本当にいい笑顔です

一皿ごとに感嘆の声が上がります。

メイン.jpg

なんと、4人分を煮込むのに、2.5リットルの赤ワインを使っているそうです!

タイムやローリエ、エシャロットなどの香味野菜といっしょに時間をかけてじっくり

煮込んで、味を凝縮させ、香りづけには、オーベルニュ地方のお酒:マール酒で

香り付けをしているそうです。またお肉の食感を楽しんでもらうために、わざと

とろとろには煮込まず、食感を残しているそうです。

お肉を食べた後には、香味野菜の香りがふんわりと残り、大満足の逸品!

 

最後にデザート(dessert) 。

デザート.jpg

 

酸味のあるイチゴと甘みのあるイチゴの2種類のイチゴを使い、シナモン、

丁子(ちょうじ)、ライムの皮と果汁を使った赤ワインのソースを添えて、さらに

アイスクリームがのせてあります。甘酸っぱく、スパイスの香りの聞いたソースは

フランスの香りのするデザートでした。

みなさん、フランスのレストランへプチトリップ♪

レシピをフランス語で学ぶことで、旅行先でのメニューを読むのにも役立ちます。

5回頑張った甲斐がありましたね!

               

さて、こんな楽しい講座に、HPをご覧の皆さんもぜひ参加してみませんか?

第3期は6月14日開講予定です。

毎回内容も変わるので、初めての方も継続の方もどなたにも楽しんでいただけます。

ちなみに先生にこっそり伺ったところ、次回はアキテーヌ地方のお料理を予定しているとか。

みなさんよくご存知のボルドーを含む大西洋沿岸のとても美しい地方です。

ぶどう栽培やカキの養殖が盛んですから、おいしいワインや、広島ではなじみの深いカキのお話も聞けるかもしれません。

お申込みお待ちしております!!


< Return